水族館は世界一

有名な美ら海水族館には世界で一番のアクリル製の大水槽があります!希少なジンベイザメ・マンタを殖やすことを目的とした複数個体の飼育や死んでいないサンゴの大規模飼養は世界初の試みです! ユニークな植物や動物、鳥たちなどたくさんの希少種が息づくやんばるの地域では、見事な大自然を堪能できる地球環境にやさしいエコツアーが数多く用意されています。

沖縄本島北部に位置するやんばるの森では幼かった頃、学校の夏休みに田舎で日が暮れるまで遊んだ懐かしい記憶が鮮やかに蘇ります。水遊びして全身泥んこになって胸躍らせていたかけがえのない日々。 沖縄は温かいのもあって春・夏・秋・冬に関係なく休むことなくダイビングすることができます。 行った季節によって水中の環境も変化し、その影響を受けるので、潜るべき地域も考えなければなりません。 シュノーケリングをおこなって衝撃を受けたのは水の透明度!「ん?ここプールじゃないよね?」と感じてしまうほどあらゆるものが細部まで目に映りました 「一口にダイビングって言っても高いでしょ?」と思い込んでいる人はかなりいると想像できます。でも、ベテランダイバーたちは「間違いなくそれに見合う価値はある」とみんなが言うでしょうね。 トライアルダイビングなら、お手軽に海中散歩が楽しむことができます。お手軽な分、入れる場所や深さなどに制限がありますが、先ず1回やってみましょう。 澄みきった空と海の素晴らしさを実感できる一押しアクティビティー、それがパラセーリングです。本島の恩納村や瀬底島、中心部の那覇、西方の慶良間でのかっこいいパラセーリングを安い値段でおこなってください。 シュノーケリングしてみて度肝を抜かれたのはこの透き通った海!「ん?ここプールなの?」と勘違いするほど全部が細部まで確認できました。 「マリンスポーツの種類だけはどうしても自分で選びたいな」と仰る人の不満を解消すべく、料金に適応したフリーチョイスの商品もできました。 詳細なクラスを目標に9年間いずれのコースも多くても4名で開講してきました。

ボートダイビングならアリガー北やアリガーケーブルを入れて3つからなるポイントを確実に行います。

ダイビングをしていての事故はそれ以外のレジャースポーツと確認するとかなり多くあるのかと言うと、そんなことはなく少ないことがわかっています。ここ1年の統計で亡くなった方やまた見つかっていないダイバーの数は14と聞いています。 ダイビングをやってみようと考えるなら、最初にダイバー独自に7点セットと名付けられているスノーケル、マスク、フィン、そしてスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは買った方が良いと思います。 ダイビングを開始するのに男女問わず、年齢の定められたものは一切ありません。定年を迎えてもダイビングを若者との交流の場として考えている方はいっぱい見られます。 潜水時の保温と保護の役割をする水中用スーツは、その効果を果たすことができるように何としてもご自分だけのダイビング用スーツを持つことをご検討ください。

ページのトップへ戻る