尋ねる?

「沖縄における冬の海はずっと先まで見えるものですか?」と旅行者に尋ねられる人もいるようです。紀伊半島も夏季より圧倒的に冬季の方が全然透明度が良くなります。 インド洋の抜群のサンゴを見るために是非潜ってみて!インド洋上のモルディブはリングのような形をした何とも言われぬ環礁が南北に800キロも連続しており、昔から「真珠の首飾」と称されてきた。


潜水が昔から得意ではないような人でも、責任者が水への対応能力があるかと言う部分を事前ヒアリングを必ず行いますので、潜りの苦手な方はお申し出ください。 あるがままのターゲットを見極めながら足を運ぶナチュラル・ナビゲーションや「スクーバセクスタント(六分儀)」を器用に扱うスキルを実習します。 沖縄県にある琉球村は歴史ある民家を移してきて保管しているだけでなく、染め物の藍染体験や三線・エイサーの弾き方・鳴らし方教室、沖縄県民のおばあとの会話などを見てやってみることができる体験施設です。

沖縄の首里城は琉球成立以降の国の中心部で勢いのあった王朝の象徴でもあります。現在に至るまでになんと4回も戦争などで焼失しており、今の建物は比較的新しく再度建てられたものです。 リラックス効果のある潮騒を耳にしながらゆっくりとぶらつくかけがえのない時間をお過ごしいただける他にも、バリエーション豊かなマリンスポーツやエコロジーツアーなどもご利用いただけます。 沖縄へ行くならやっぱり海ですよね!数種類の青色で塗られたような海の中を、南国特有の鮮明なカラーで美しい魚たちと共に泳ぐ体験はずっと忘れられない経験になるでしょう。 様々なダイバーがあこがれ!常に絵にかいたような太平洋を制覇するために数多くのダイバーたちがこの海にやってきます。 難なく講習終了を迎えて、希望していたダイバーとしての出発位置にたてた人は、早速場所を問わずに鮮やか海底を見に行きましょう。 カーブに差しかかった時や高い波にぶつかる時は、激しく体が動いたり場合によっては振り落とされることも。手間なく危機感を抱かずに体験できるだけでなく、スリル満点の流行のマリンスポーツです♪ 辺り一面のマングローブ林を眺めながらカヌーのツーリング。ジャングルを通って圧巻の滝を歩いて向かう。冒険心を呼び覚ます西表島の大自然へ出かけよう! ダイビングを2つに分類するとなると、楽しみと仕事ダイビングに分かれると思います。折角やる以上はダイビングのプロを目標に頑張ってみたくありませんか?一度はプロダイバーの行動パターンを体感してみませんか? ただ遊ぶのではなく、紅樹林の知られざる生態や実は知らないサンゴの興味深い謎まで講義してくれる自然環境のことを考え知的になれる新しい形のツアーです。 ウェイクボードと同じように、先導するボートに持ち手(ハンドル)のくっついたロープを牽引してもらい移動します。縦方向にプレイヤーが搭乗して歪まずに動くので、一際スピードを感じることができます。

ページのトップへ戻る